女の人

国内トップのios|iosのアプリ開発で重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

開発言語と開発ソフト

携帯電話

現在世界で最もスマートフォンOSでシェア率の高いandroidは世界各国でアプリ開発が行われています。アプリ開発の動きが各地で高まり、個人で開発する人も増えてきました。アプリ開発に必要となるお金は、簡単なものだけでも数十万円、大規模なアプリになってくると数百万円から1千万円を超えるものまであります。
アプリ開発をする場合は、androidのOSが入った端末も用意する必要があります。アプリ開発には、それぞれのOSで使用する言語を覚える必要があります。androidで使われている言語はJavaというものが使われています。これはコンピューターのプログラムの基礎言語であり、様々なシーンで利用されています。また、アプリ開発を行なって出来上がっても簡単にリリースできるわけではありません。アプリをリリースするための管理先に申請を行なうことが必要です。更に有料アプリでは、売上の30%は手数料として取られることも覚えておきましょう。

androidのアプリ開発をする上で必要な開発ソフトは複数あり、Java言語で開発するソフトの他にもHTMLやJavascript、CSSを使って作成できる開発ソフトも登場しました。これによってJavaの知識がなくても、ホームページ作成などを行なっていた人たちに馴染み深くなり、その開発ソフトを使う人も増えました。しかし、そんな言語知識もアプリの制作会社に依頼することで不要となります。制作会社に依頼すると、アプリ開発に必要な知識を身につけることが必要ないため、自分のつくりたいアプリのアイデアに全力を注ぐことができます。良いアプリづくりは良いアイデアから生まれます。言語知識や開発に必要な時間を削減できる分、開発したいアイデアは妥協しないように全力で考えましょう。